モニターでは野球ユニフォームで笑顔の移民が。

移民問題が世界的なニュースになっています。
移民としての入国数は100万人を超え、それだけの数を国家が負担するのはなかなか大変なことです。
しかし人道的な見地でいえば、すべての移民を受け入れたいと考えるのはどの国も同じでしょう。
しかし、もともとそこに住んでいる人の生活が少なからず変わるということが、
経済以上に問題を難しくしているのだと思います。
すべての人が困っている人を受け入られたらいいのですが、
それだったら紛争による移民もでないだろうということで、なんとも人の性を垣間見る問題です。
モニターでは野球ユニフォームで笑顔の移民が写っていましたが、
この状況下でも笑顔を作れるのは強いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です