40代の成婚率は低い?新宿の結婚相談所でマッチングするためのコツ

新宿の結婚相談所で40代女性の成婚率が低い理由とは?

昨今は「おひとり様」という言葉が流行語になったように、結婚をしない男女が増加傾向にあります。若い頃はひとりで暮らしていても平気だったとしても、人は年を取るごとに他人の力を必要とするものです。40代になってから結婚をしたいという場合、身近なところで出会いを求めるよりも多くの会員を持つ結婚相談所を頼るのが吉です。2020年1月現在、新宿一帯には計16軒の結婚相談所がありますが、40代の女性の成婚率は約20%と非常に低い数値になっています。
なぜ40代女性の成婚率が新宿の結婚相談所では低いのか、その理由は男性会員の平均年齢が38.2歳ということが起因しています。多くの男性は自身と同じ年齢か、それよりも下を望まれているため40代の女性はどうしても成婚率が下がってしまうという訳です。しかし、ある工夫をすれば、40代の女性でも新宿の結婚相談所で良い出会いを見つけることは可能となっています。

新宿の結婚相談所でマッチングを成功させるコツ

高収入・高学歴の男性会員が多い新宿の結婚相談所で、いかにして40代女性がマッチングを成功させられるのか、そのコツは「男性の年齢にこだわらない」ということです。新宿の結婚相談所の男性会員の平均年齢は38.2歳となっていますが、40代後半から50代・60代の男性会員も存在します。現代では10歳・20歳の年齢差のある結婚は珍しくないので、40代女性は積極的にご自身よりも年上の男性に焦点を合わせるのがマッチングを成功させる秘訣となります。
そして大切なのはひとりだけでなく、多くの男性会員と直接会って会話をするということです。マッチングの場合、互いの書類上のプロフィールだけでは年齢・外見を優先させやすくなりますが、直接会って話をすることで共通の趣味や好みを見出して、一気に距離を縮めることが可能です。この心理的な距離の近さを実現できれば、たとえ男性が年下であっても成婚に至る可能性が大きくなります。

まとめ

以上、新宿の結婚相談所で40代女性の成婚率が低い理由と、マッチングを成功させるコツでした。40代だからといって気後れするのではなく、むしろ積極的に前に出て男性会員にアプローチをしていくのが成婚率をあげる秘訣となります。「おひとり様」の時間を十分に満喫した40代女性であれば、周りの目を気にせず存分に結婚に向けて行動を起こせることでしょう。新宿の結婚相談所は非常に人気があり、良い男性をゲットするには打って付けのところです。